Shisha(シーシャ)Cafe & Bar PukuPuku(プクプク)

Blog

Shisha(シーシャ)カフェ & バー
PukuPuku(プクプク)のBlog

シーシャ(水タバコ)で人気のフレーバー「パンラズナ」とは?名前の由来や魅力についてご紹介

2022.10.21

オデュマン

 

スパイス系の王道フレーバーとして人気があるパンラズナ。
シーシャ(水タバコ)をよく吸いに行く方は、一度は見かけたことがあるフレーバーではないでしょうか。
さまざまなメーカーから発売されているパンラズナですが、あらためて「パンラズナって何?」と聞かれると、正確に答えられる方は少ないかもしれません。
パンラズナのルーツは海外の文化にあるため、日本人がよく知らないのも当然といえます。
そこで、この記事では人気フレーバーであるパンラズナとはいったい何なのか、基礎知識や魅力についてご紹介していきます。
今までよくわからずパンラズナをオーダーしていたという方にとっても、この記事が参考になれば幸いです。

 

パンラズナとは

デスティニー

 

パンラズナとは、南アジア(インド・パキスタンなど)で親しまれている「パーン(Paan)」を再現したフレーバーのことを指します。
このパーン(Paan)は、キンマの葉でビンロウジ・スパイス・砂糖・フルーツ・ココナッツパウダー・タバコなどを包み、噛むことで清涼感を楽しむ嗜好品の一種です。
いわゆる噛みタバコとして楽しまれているものですが、甘いパーン(Paan)は食後のお口直しとして食べる場合もあります。

キンマの葉に水で溶いた石灰を塗り、ビンロウジやタバコ、細かく刻んだ香木などを混ぜるパーン(Paan)は、噛むと口の中に渋みが広がります。
その間にビンロウジの赤色が唾液に着色するのですが、飲み込むと胃を痛めてしまうため吐き出さなければなりません。
インドでは道路のいたるところに赤く染まった部分がありますが、これは出血によるものではなく、パーン(Paan)を噛んだ人々が唾液を吐き出した跡なのです。

また、キンマとビンロウジはヒンドゥー教と密接に関わっており、司祭への謝礼を包む際にもキンマの葉が使われています。
食用や嗜好品としてだけではなく、インドでは祭礼用としても非常に重要な役割を持っているのです。
ほかにも胃薬・去痰薬・痛み止め・殺菌剤など、地域によってさまざまな用途に使われています。

ここまでの説明で、パンラズナの「パン」が何を指すのかについてはご理解いただけたと思いますが、「ラズナ」の部分はいったい何を意味するのでしょうか。
この「ラズナ(Rasna)」とは、ヒンディー語で「香り」を意味する言葉です。
つまり、パーン(Paan)の香りを再現したフレーバーという意味で、パンラズナと呼ばれています。

 

パンラズナのフレーバーが持つ特徴

パーン(Paan)の原材料からもイメージできるとおり、パンラズナのフレーバーはスパイシーでエスニックな香りが特徴です。
個性的な香りであるため好みはわかれますが、コアなファンが多く、スパイス系フレーバーの王道といえるでしょう。
また、濃厚で力強い香りを楽しめることから、パンラズナ専用のシーシャ(水タバコ)本体やボウルを用意している店舗もあります。
パンラズナ単体ではもちろん、ミックスすることでまた違った魅力を感じられるおすすめのフレーバーとなっています。

 

パンラズナと相性の良いフレーバーは?

▼パンラズナ×ダブルアップル

王道のフレーバー同士を掛け合わせた、間違いないミックスです。
ダブルアップルの持つ濃厚な甘みと、煙を吐いたときに感じるパンラズナのエスニックな香りが見事に調和しています。
お好みでシナモンやカルダモンを加えて、よりスパイシーな香りを楽しむのもおすすめです。

パンラズナ×キウイ

パンラズナは爽やかなフルーツ系フレーバーとの相性も抜群。
特にキウイとミックスすることによって、キウイの甘酸っぱい香りがパンラズナの魅力を引き立てます。
キウイのほかにも、グレープフルーツやレモンなど柑橘系のフレーバーとのミックスもおすすめです。
より清涼感のある味わいがお好みという方は、ミントも加えてみてはいかがでしょうか。

▼パンラズナ×ローズ

パンラズナのエスニックな香りは、フローラル系のフレーバーとも相性が良いです。
特にローズの甘く上品な香りは、パンラズナの芳醇な香りと絶妙にマッチします。
ローズ以外のフローラル系フレーバーであれば、ジャスミンやラベンダーなどもおすすめです。
気品のある香りがお好みの方は、ぜひともお試しください。

なお、Shisha(シーシャ)カフェ&バーPukuPuku(プクプク)には、シーシャ(水タバコ)作りに精通しているスタッフが多数在籍しています。
フレーバーの組み合わせでお悩みの際は、お気軽にご相談ください。

 

パンラズナのフレーバーを試してみたいという方は「PukuPuku(プクプク)」へ!

今回は、シーシャ(水タバコ)のフレーバーでよく耳にするパンラズナについてご紹介しました。
パンラズナのフレーバーが持つエスニックで芳醇な香りは、一度味わうと癖になる方が後を絶ちません。
今までよくわからず敬遠していたという方も、この機会にトライしてみてはいかがでしょうか。
なお、Shisha(シーシャ)カフェ&バーPukuPuku(プクプク)は、東京(恵比寿・高田馬場・西麻布・秋葉原・新橋エリア)大阪(心斎橋・難波・宗右衛門町エリア)福岡(中洲・百道浜エリア)鹿児島(天文館エリア)にも店舗を展開しています。
プロが作るシーシャ(水タバコ)でパンラズナのフレーバーを試してみたいという方は、Shisha(シーシャ)カフェ&バーPukuPuku(プクプク)に、ぜひともお越しください。

TEL

店舗に電話で問い合わせ

Kanagawa

Fukuoka

Hokkaido