Shisha(シーシャ)Cafe & Bar PukuPuku(プクプク)

Blog

Shisha(シーシャ)カフェ & バー
PukuPuku(プクプク)のBlog

シーシャバーのシーシャ(水タバコ)の値段はいくらくらい?

2021.06.26

恵比寿PukuPuku

 

「シーシャバーで、シーシャを頼むと値段はいくらくらいなの?」と、相場が気になる方もいることでしょう。今回は、シーシャをバーで頼んだ際の値段の相場や、コスパよくシーシャを楽しむための方法などをお伝えしていきます!

 

シーシャ(水タバコ)の値段の相場はいくらくらい?

 

シーシャ(水タバコ)の金額は地域や店舗によって異なりますが、全国的な相場としてシーシャ1台当たりおおよそ1500円~2000円です。ここにチャージ料金や1ドリンクオーダー制の店舗もあるので全て含めると2500円~3000円ほどでしょう。

 

例えば、数多くのフレーバーブランドを取り扱っている店舗や、空間にこだわりのある店舗は値段が少し高いと感じてしまうかもしれませんが、充実感や満足度は高く得られるかと思います。もちろん、もっとリーズナブルでフリードリンク制や、さまざまなサービスを提供している店舗も数多くあります。

 

シーシャ(水タバコ)を長時間利用予定で、ゆったりとリラックスしながら心地よい時間を過ごしたい方には、相場に近いお値段でシーシャを提供する店舗がオススメです!

 

シーシャ(水タバコ)1台が持つ時間は?

 

シーシャ(水タバコ)1台が持つ時間は吸い方によって変わってきます。休憩を挟まずに、ずっと吸い続けるとすぐに吸い終わってしまいますし、その人の吸うタイミングによって異なります。

 

一般的には、大体1時間半~2時間で吸い終わるくらいを目安に作られているので、煙を吐いたとき煙の量が少なく、口にフレーバーの味があまり残らなくなってきたときが吸い終わりのサインです。もっと長い時間吸いたいという方は、別途でトップ替え(フレーバーチェンジ)できる店舗もあるのでぜひ試してみてください!

 

シーシャ(水タバコ)をよりコスパよく楽しむコツは?

 

シーシャ(水タバコ)を長くよりコスパよく楽しむためには、ゆっくりと吸うことがポイントです。シーシャの炭は吸うときの吸引力によって強く燃焼するので、休憩をあまりせずに強く吸い続けるとフレーバーが焦げやすくなってしまいます。

 

また、吸い続けると酸欠になる可能性もあるので、適度に休憩を挟みつつ、ゆっくりとリラックスしながら、フレーバーの甘く爽やかな味わいや香りを存分にお楽しみください!

 

値段を抑えながらシーシャ(水タバコ)を楽しみたい方はPukuPuku(プクプク)へ

 

東京(恵比寿・高田馬場エリア)、大阪(心斎橋・難波・宗右衛門町エリア)に店舗展開しているカフェ&バーPukuPuku(プクプク)では、お客様一人ひとりに満足いただける空間づくりを日々追求しています。

 

東京(高田馬場エリア)ではシーシャ+ケーキ+ドリンクのお得なパックキャンペーンもしているので、コスパ良く楽しみたい方はぜひPukuPuku(プクプク)へお越しください!