Shisha(シーシャ)Cafe & Bar PukuPuku(プクプク)

Blog

Shisha(シーシャ)カフェ & バー
PukuPuku(プクプク)のBlog

シーシャ(水タバコ)とは?シーシャの魅力を歴史と共に解説

2021.05.09

シーシャを吸う女性

シーシャ(水タバコ)とは、いったいどんなものか、知っている人はまだ多くないかもしれません。そのため今回は、シーシャについて、その魅力などと共に、歴史も含めて解説していきます。

 

シーシャ(水タバコ)とはいったい何?

 

シーシャ(水タバコ)とは、フレーバーと呼ばれるタバコの葉にシロップを漬けたものを専用の喫煙器具を用いて炭で燻し、水のフィルターを通して味や香りのついた煙を楽しむ喫煙スタイルです。

 

タバコの煙、独特の香りが気になる方もご心配は無用。

 

一般的な紙巻きタバコで感じる後味にくる苦味やタバコ独特のにおいは水タバコ/シーシャの場合は感じません。

 

タバコが苦手な方も安心なノンニコチンフレーバー=デクラウドもございます。フレーバー特有のフルーティーでアロマな香りが全身を包み込み、リラックス効果も感じてしまうほど。

 

ただ法律上はタバコに違いありませんので、PukuPukuでは全てのお客様に年齢確認の為、身分証の確認をしております。ご来店時、年齢の確認できるものを忘れずにお持ちください。

 

シーシャ(水タバコ)の歴史について

 

1500年代~1600年代に中東地域で発祥したとされています。

 

日本では一般的に「シーシャ」という名称で馴染みがありますが、国によって呼び方も変わります。「シーシャ」はエジプトを始めとする北アフリカで用いられる名称でペルシア語で「ガラス」という意味です。

 

インドやパキスタンでは「フッカー」と呼ばれ語源はアラビア語で「小さめの箱、容器」を意味し、これが植民地期に英語で伝わり、現在の英語圏では「フーカー」の名称で広く用いられています。

 

PukuPuku(プクプク)でオススメのシーシャ(水タバコ)の種類

 

オススメはAL FAKHER(アルファーヘル)です。

 

中東系のフレーバーで吸いごたえのある、まろやかで濃厚な煙が特徴。基本に忠実な味や安定した煙の質から初めての方にもオススメです。

 

また、フレーバーの種類も豊富で、フルーツはもちろん、カルダモンのようなスパイスやエナジードリンク味などもあります。

 

AL FAKHER(アルファーヘル)は1998年にドバイで生まれた世界的にも有名なシーシャブランドで、中でもダブルアップルは最も古い歴史のあるフレーバーなので、ぜひ試してみては?

 

シーシャ(水タバコ)を吸いたい方はPukuPuku(プクプク)へ

 

シーシャカフェ&バーPukuPuku(プクプク)は女性も入りやすい、綺麗なお店づくりを心がけているので、シーシャ初心者の方でも、安心して利用できます!

 

東京エリア(恵比寿・高田馬場)、大阪エリア(宗右衛門町・心斎橋・難波)にて、シーシャ初心者の方で、吸い方がわからない方には、スタッフが丁寧に吸い方の説明などもしますので、お気軽にご来店いただき、お声がけくださいませ。