Shisha(シーシャ)Cafe & Bar PukuPuku(プクプク)

Blog

Shisha(シーシャ)カフェ & バー
PukuPuku(プクプク)のBlog

シーシャ(水タバコ)と電子タバコの違いとは?どちらがおすすめ?

2021.09.12

シーシャバーpukupuku

 

タバコを吸うことが健康被害につながることは周知の事実でしょう。また、紙タバコは煙の臭いも気になります。そこで、喫煙家の方がシーシャや電子タバコに切り替えるといったことがここ最近では増えてきています。今回は、シーシャ(水タバコ)と電子タバコの違いについて解説していきましょう。

 

シーシャ(水タバコ)と電子タバコの違いについて

 

・シーシャとは?

シーシャとは、水タバコ専用の喫煙器具を用いて、フレーバーと呼ばれるタバコの葉にシロップを漬け込んだものを熱した炭で燻すことで、フルーティーな香りや爽やかな香りの煙を存分に楽しめるタバコの一種です。

 

・電子タバコとは?

電子タバコとはタバコの葉を使うのではなく、液体(リキッド)を用いて電気で加熱することにより、蒸気を発生させる器具です。電子タバコにはVAPE(ベイプ)などがあり、日本で販売されている電子タバコにはニコチンは含まれていません。種類によっては出力するワット数を変えることができ、爆煙を出すことも可能なのが特徴です。味わいは水タバコ(シーシャ)とよく似ています。

 

シーシャ(水タバコ)と電子タバコはどちらがおすすめ?

 

最近ではお家に機材を買い込むことで、自宅でシーシャ(水タバコ)を楽しむことも流行っています。しかし、後片付けや炭の処理、フレーバーの種類の確保など、コストと手間がかかるので、お店で楽しむのがおすすめです。

 

電子タバコは持ち運びができるため、家や普段使いがおすすめです。結論、その時々に応じたシチュエーションによって用途は変わってきますので、使い分けるのがベストです。愛用するならどちらもおすすめだと言えるでしょう。

 

シーシャ(水タバコ)を楽しみたいなら「PukuPuku(プクプク)」へお越しください!

 

電子タバコは自宅などで手軽に楽しむならおすすめですが、シーシャ(水タバコ)を楽しむならリラックスできる最高の空間でプロが作るこだわりのシーシャを吸ってもらいたいと考えております。

 

本格的にシーシャを楽しみたい方は、東京(恵比寿・高田馬場・西麻布エリア)、大阪(心斎橋・難波・宗右衛門町エリア)に店舗展開しているシーシャカフェ&バーPukuPuku(プクプク)へお越しください!