Shisha(シーシャ)Cafe & Bar PukuPuku(プクプク)

Blog

Shisha(シーシャ)カフェ & バー
PukuPuku(プクプク)のBlog

Shisha(シーシャ)初心者の方にもおすすめ!ノンニコチン・ノンタールフレーバーとは?

2021.02.12

シーシャ

「Shisha(シーシャ)には、ニコチンが入っているの?」という質問は、健康に気を使う方や、タバコを吸わない非喫煙者の方、Shisha(シーシャ)を吸ったことがない初心者の方からよくいただく質問です。今回は、Shisha(シーシャ)初心者の方にもオススメのノンニコチン・ノンタールのフレーバーについて、詳しくご紹介していきます。

 

Shisha(シーシャ)とは?

Shisha(シーシャ)とは、水タバコなどとも呼ばれる、煙草を吸うための器具のこと。主にイスラム・中東圏で愛されている娯楽の一種で、ミントやフルーツ、ドリンクなどの味わいのついたフレーバーと煙草葉を燃焼させ、その煙を水に通して吸います。Shisha(シーシャ)は、1回の燃焼時間が1時間以上あり、ゆっくりとチルアウトしながら、時間をかけて吸引を楽しむことができるのが特徴です。

 

Shisha(シーシャ)って煙たくない?

紙巻きタバコでよく連想されるのは、「煙たい」「臭いがきつい」「むせる」「体に悪い」などのマイナスイメージです。しかし、Shisha(シーシャ)は煙草葉にフルーツ、スパイス、スイーツなどの種類豊富な味付けが施されているため、良い匂いの煙で、煙たさがほとんどなく、非喫煙者や女性の方も吸いやすいのが特徴です。

 

Shisha(シーシャ)にはニコチンが含まれている?

「Shisha(シーシャ)には、ニコチンが含まれているの?」という質問について、結論として、基本的にはニコチンが含まれています。Shisha(シーシャ)のフレーバーには、煙草葉が使われているからです。 ただし、Shisha(シーシャ)は水タバコとも呼ばれるとおり、器具を用いて煙を水にくぐらせる仕様になっています。そのため、通常の紙巻タバコと違い、体に入ってくるニコチンの量はかなり少なくなります。まったく体に害がないとは言い切れないものの、実際に吸い込んだ時の味わいは、ニコチンのえぐみがほとんど感じない程度でしょう。

 

Shisha(シーシャ)を初めて吸うならノンニコチン・ノンタールのフレーバーがおすすめ!

「Shisha(シーシャ)を吸ってみたいけれど、ニコチンが入っているのはちょっと…」「Shisha(シーシャ)を吸いたいけれど、タバコは吸ったことがないから不安…」という初心者の方には、ノンニコチン・ノンタールのフレーバーをおすすめしています。

ノンニコチン・ノンタールのフレーバーでは、煙草葉を使用せず、サトウキビの葉などの代用品を用いて、通常のShisha(シーシャ)と同じように吸引するというもの。 煙草葉を使用したShisha(シーシャ)と違い、煙の重たさがなく、ニコチンやタールが含まれていないため、口当たりがライトな吸い心地で、初心者の方や、非喫煙者の方も安心してフレーバーを楽しむことができます。

 

▼PukuPuku(プクプク)恵比寿店の店長からのおすすめノンニコチン・ノンタールフレーバー‘Hydro Herbal’のストロベリー

ノンニコチン・ノンタールフレーバーでは煙が少ないというデメリットがよく挙げられますが、このフレーバーは煙もしっかりと出て、ストロベリーの味もはっきりと味わうことができます。シーシャ初心者や、タバコに抵抗ある方でもシーシャ感覚を楽しめるのでおすすめです!

▼PukuPuku(プクプク)宗右衛門店の店長からのおすすめ

万人受けするのは「Gアップル」、女性受けするのは「マンゴー」「ピーチ」「ミルキーマンゴー」などの甘めのノンニコチン・ノンタールフレーバー、男性受けするのは「フルーツミックス」「パイナップル」「Wグレープ」などのスッキリ系のノンニコチン・ノンタールフレーバーです!

 

ノンニコチン・ノンタールのフレーバーのShisha(シーシャ)を楽しむならPukuPuku(プクプク)へ

今回は、ノンニコチン・ノンタールフレーバーのShisha(シーシャ)について、基礎知識やおすすめのフレーバーをお伝えしてまいりました。Shisha(シーシャ)カフェ&バーPukuPuku(プクプク)は、東京は恵比寿・高田馬場、大阪はミナミの宗右衛門町・心斎橋に4店舗を展開しています。Shisha(シーシャ)初心者の方でも安心して楽しめるノンニコチン・ノンタールフレーバーを多数取り揃えていますので、ぜひともお越しください。